日本照明情報サービス世界の照明ツアー
あかり・Lighting
Top 新施設 快適照明 オーストラリア ヨーロッパ アメリカ 劇場 English
医療施設 その他 その他2 その他3 その他4 その他5

キュー王立植物園
(Royal Botanic Gardens, Kew )

キュー王立植物園はケンジントンのホテルから南西に約10Kmの所にあります。ホテルを9時過ぎに出発してまもなくビクトリアゲートに到着、開園の9時30分まで少し待って入園。案内図をもらって11時30分まで自由行動。案内図には敷地面積132haと説明されている(長方形とすると約1500mX900m)。キュー(Kew)は地名。

とにかく広い。そして緑が美しい。私たちはすぐ近くの大きな温室(Palm House, 1848年完成)に向かう。温室内はむっとするほど暖かく熱帯の植物で一杯。10分ほどで外に出て桜の散歩道(Cherry Walk)を歩いて次の温室(Temperate House, 1899年完成)に向かう。名前どおり両側は桜並木。訪れた時期がよく満開。テンペレートハウスの中は熱帯・温帯植物。遠くに中国風の塔(Pagoda)が見える。違うルートで出発地点まで戻り反対のサボテンや睡蓮のある温室を見て廻った。正門と他のゲートに比べビクトリアゲートは周辺に主要施設が集まっており短時間の見学者には好都合でした。

昼食はビクトリアゲートから徒歩約5分の所にある英国鉄道キューガーデン駅のレストランでフィシュアンドチップスを提供された。英国の定番料理だそうで白身魚のフライとポテトチップスに飲物。フライの衣がサクッと揚がっているのは水でなくビールで溶いているからだそうです。

備考:
1759年に宮殿併設の庭園として開設。1840年国立の植物園に改組
世界各地から役に立つ植物を集め品種改良、適地に移植して繁殖
多くの資料や種子を集めて保存、環境問題などで絶滅しつつある植物の回復に貢献
1995年日本の門と日本庭園(石庭)、2001年日本の民家を建設
2003年ユネスコ世界遺産に登録
現在の保存植物4万5千種、年間訪問者数100万人超


ビクトリアゲート (照明)


パームハウス (拡大) (ヤシ) (ハイビスカス)


桜の散歩道 (山桜)


テンペレートハウス (拡大) (八重ザクラ) (温帯植物)


園内地図 (拡大) (トイレット)


キュー案内車(1周40分、2編成、30分間隔)


美しい花壇(拡大)


噴水のある池


ウッドランド(森林)庭園 (拡大)


サボテン (照明ほか)


睡蓮ほか (睡蓮) (照明ほか)


遠くにカンパニール鐘楼 (拡大) (鐘楼)


Noriko (別写真)


キュー道路側壁面の看板 (拡大)


売店 (照明) (照明)


キューガーデン駅へ向かう道路 (照明) (照明)


駅に隣接したレストラン THE RAILWAY (照明)


昼食はフィシュアンドチップス (照明) (照明)

Link

 ・ Royal Botanic Gardens, Kew

Top 新施設 快適照明 オーストラリア ヨーロッパ アメリカ 劇場 English
医療施設 その他 その他2 その他3 その他4 その他5 Up

日本照明情報サービス
照明情報リンク 最新照明情報照明セミナー照明ツアー 自己紹介タウンガイド

あかり-Lighting
あかり
あれこれ
あかり
博物館
ヨコスカ
シーサイドニュース
横須賀と三浦半島
のガイド
ファミリィ
ギャラリー
災害時
緊急情報

2009年2月1日