日本照明情報サービス世界の照明ツアー
あかり・Lighting
Top 新施設 快適照明 オーストラリア ヨーロッパ アメリカ 劇場 English
医療施設 その他 その他2 その他3 その他4 その他5

ルーベンスの家
(Rubenshuis, Antwerp Belgium)

アントワープ出身の宮廷画家、ルーベンス (1577-1640) は現在、アントワープ市立博物館になっているルーベンスの家を1610年11月に購入し、何度が増改築しながら亡くなるまで住居と工房として使用していたそうです。

ルーベンスは本職の画家のほか建築家、外交官、美術収集家として活躍し、多くの注文を弟子を使って制作し、生涯の作品数は2,000点余といわれています。ルーベンスの家には、自画像ほか自作品と収集品を合わせて展示しています。

ルーベンスの家の内部は撮影禁止のため、Webで公開されている写真を下のLinksに集めました。2007年に内部の改装が行われたことを付記しておきます。外部は私自身が2006年4月に撮影したものです。中央の門を入ると広い中庭になっており、花壇や噴水があります。建物の外壁には彫像が組み込まれており、裕福な当時の様子をうかがわせます。

Note:
・ルーベンス:Pieter Paul Rubens (1577-1640)
・ルーベンスの家:Rubenshuis (Wapper 9-11, Antwerp Belgium)、アントワープ市が1937年に購入し
 1946年博物館として公開
・ルーベンスの作品:アントワープ大聖堂王家からの注文の大作 (The Web Gallery of Art )
 


ルーベンスの家の入口 (住居棟)


ルーベンスの家 (入口の右が工房棟)


案内板 (開館日と時間)


入口の照明器具 (拡大)


ルーベンスの家の中庭 (拡大)


噴水 (柱廊の銅像)


彫像のある工房棟 (拡大)


花壇


パビリオン (中央はバッカス) (拡大)


Wapper 広場 (入口前)のチケット売場

Links

MUSEA ANTWERPEN - RUBENSHUIS
   自画像
   半円形の展示室
   大寝室
寝室 (dkimages)
展示室 (旅名人)
Willem van Haecht (Wikipedia)
 (ルーベンスのコレクション、The Picture Gallery of Cornelis van der Geest, 1628)
ピーテル・パウル・ルーベンス (Wikipedia)

Top 新施設 快適照明 オーストラリア ヨーロッパ アメリカ 劇場 English
医療施設 その他 その他2 その他3 その他4 その他5 Up

日本照明情報サービス
照明情報リンク 最新照明情報照明セミナー照明ツアー 自己紹介タウンガイド

あかり-Lighting
あかり
あれこれ
あかり
博物館
ヨコスカ
シーサイドニュース
横須賀と三浦半島
のガイド
ファミリィ
ギャラリー
災害時
緊急情報

2008年5月1日