日本照明情報サービス世界の照明ツアー
あかり・Lighting
Top 新施設 快適照明 オーストラリア ヨーロッパ アメリカ 劇場 English
医療施設 その他 その他2 その他3 その他4 その他5 その他6

北米照明学会
(Illuminating Engineering Society of North America : IESNA)

私たちは1979年10月1日(月)の午後、北アメリカ照明学会 (ニューヨーク)のエンジニアリング・ディレクター John.E.Kaufman 氏を訪ねました。私はこの年の8月にCIE京都大会で彼とお会いして、今秋渡米する計画があるので彼の事務所で再会したいことを伝えていました。事前に東芝インターナショナル社の駐在員がアポイントをとり、歓迎する旨の返事を頂いていました。当時の北アメリカ照明学会は国連ビルの近く、現在のトランプ・ワールド・タワーの辺りにありました。

Kaufman 氏は業務多忙のため挨拶だけしてアシスタントの H. Haynes 氏が対応してくれました。最近の北アメリカ照明学会の活動を尋ねたら次の回答がありました。

(1) 照度推奨基準を従来の場所からタスク中心に変更した。
  タスクに必要な照度レベルは従来のまま保ちタスク周辺の照度は少し低くして、
  省エネルギーの方向に転換した。

(2) タスクごとに床面積当たりの最大照明電力を空調学会(ASHRAE)と決めた。
  (Unit Power Density Procedure : UPD) 関係資料を頂きしました。(概要)

(3) 省エネルギー関連資料とタスク・アンビエント照明の関連資料を頂きしました。

(4) Haynes 氏が電球の卓上スタンドをHID(100W)に改造して使用している。(安定器別置)

(5) その他、電子安定器、高演色高効率蛍光ランブの情報の交換をしました。

照明施設の見学について依頼していたことを確認して打合せを終了(1時間40分)。
親切にアメリカの状況の説明をしていただき、貴重な資料の提供していただいたことにお礼申し上げます。

現在の住所
120 Wall Street Floor17, New York, N.Y. 10005-4001


北アメリカ照明学会 750ルクス (別写真) (照明器具)


Haynes 氏のデスク HID 100W (安定器別置)


お土産のスライド (拡大) (説明1) (説明2)
(東芝科学館と照明施設のスライド20カット)

東芝科学館 (拡大、スライドNo. 1,5,6,7)
東芝照明施設、スライドNo. 11,12,16,18

訪問当時のマンハッタン (拡大)


9月29日(土) NY 到着、市内見学 (中央が今城)

(TOSHIBA ELECTRIC EQUIPMENT CORPORATION changed the name into TOSHIBA LIGHTING & TECNOLOGY CORPORATION.)

Link

 ・ Illuminating Engineering Society of North America

Top 新施設 快適照明 オーストラリア ヨーロッパ アメリカ 劇場 English
医療施設 その他 その他2 その他3 その他4 その他5 その他6 Up

日本照明情報サービス
照明情報リンク 最新照明情報照明セミナー照明ツアー 自己紹介タウンガイド

あかり-Lighting
あかり
あれこれ
あかり
博物館
ヨコスカ
シーサイドニュース
横須賀と三浦半島
のガイド
ファミリィ
ギャラリー
災害時
緊急情報

2009年8月1日