よこすか海軍カレー教室

2008年12月11日(木)の10時に逸見コミュニティセンターの調理室に集合し、よこすか海軍カレーの作り方を教わり調理して昼食にしました。

講師はよこすか海軍カレーマイスターの3人とマイスターの資格を持つ当会メンバー1人です。参加者は12人で3グループに分かれてカレー作りに取組みました。

よこすか海軍カレーマイスター3人の紹介の後、よこすか海軍カレーの誕生秘話と
レシピの復活の話を聞き、食材の紹介がありました。

5〜6人分の材料
牛肉 400g、じゃがいも 400g、人参 250g、玉葱 500g、酒 600cc、水 600cc
ヘッド(牛脂) 100g+100g、小麦粉大4〜5、カレー粉大6、塩小1/2、胡椒、コンソメ(キューブ) 4個
チャッネ(マンゴーなどフルーツを熟成した甘いジャムのような調味料)大1または砂糖大1/2
お米は1人100g、野菜サラダ(トマト、レタス、キュウリ)、福神漬、らっきょう、飲物として牛乳

同じ材料で同じように作りましたが、3グループ微妙に味が違っていて食べ比べしました。いずれも美味しかったです。違いは玉葱の炒め方、小麦粉とカレー粉の炒め方、塩、胡椒の量によるものと思います。1人当たりの材料費500円、酒を1グループ(5人)に600cc入れたのには驚きました。


シニアネット横須賀のメンバー12人とよこすか海軍カレーマイスター3人
(2008年12月11日、逸見コミュニティセンター調理室)


よこすか海軍カレーの誕生のレクチャー


5人前の材料
(牛肉、小麦粉、カレー粉、ヘッド、玉葱、人参、じゃがいも)

第1班 じゃがいも、人参、玉葱を賽の目に切る


ヘッドを高温で炒め玉葱をよく炒める


第2班 牛肉は一口大に切り軽く塩、胡椒する


全てを入れて酒、水 各600cc入れる


第3班 じゃがいもは皮を剥き賽の目に切る


約20分弱火で煮込む。最後にコンソメを入れる。


ヘッドを溶かし小麦粉、カレー粉を炒めて鍋に移し
全体を混ぜ合せて、塩、胡椒、チャツネで味付

第1班の皆さん (拡大)


第2班の皆さん (拡大)


第3班の皆さん (拡大)

Links

カレーの街よこすか (横須賀市経済部観光課)
よこすか海軍カレー名人『華麗マイスター倶楽部』 (― よっしぃ・わーるど― )
・ 〜祝!カレーの街よこすか10周年〜 よこすかカレーフェスティバル (あかり・Lighting)


2009年1月1日