よこすか
市民会議
平成16年度
の活動
これまで
の活動
会員名簿
(募集)
お知らせ YCC
NetWork
更新情報
95-9619971998199920002001200220032004

海の自然環境学習会
海洋生物と環境
よこすか
海洋シンポジウム
森は海の恋人
1000年の森をつくる会
市民体験クルーズ
アスパイア号に乗ろう
海洋施設の公開
砕氷艦しらせと南極展
横須賀市民大学(後期)
海と生命の進化論
魂の歌・感動の賛歌
YCCゴスペルクワイア
横須賀市民大学(後期)
文楽に親しむ

よこすか海洋シンポジウム2004(第7回)
海洋と気象、そして私たちの暮らし

2004年10月17日(日)の午後1時から5時まで横須賀市生涯学習センター大学習室で開催しました。一般参加者は約130名と講師・来賓・スタッフ約40名、合計170名で盛況でした。


よこすか海洋シンポジウム2004 会場


受付

司会 吉田よこすか市民会議副会長


講演1  海洋と気象変動
講師  時岡達志さん
    独立行政法人 海洋研究開発機構 地球環境フロンティア研究センター
    地球温暖化予測研究プログラム プログラムディレクター
    元 気象大学校長

 世界最強のスーパーコンピュータ(地球シュミレーター)を用いて地球の気候の仕組み、海洋の役割を解明することなどに取組みしています。質疑応答 1モデルの計算に1ヶ月、結果の解析に数年かかるくらいのものと思ってください。


時岡達志さん


気候の仕組み(拡大)


地球シュミレーター(拡大)


温度差のデータが地図を描く


講演2  エルニーニョと異常気象
講師  竹内謙介さん
    独立行政法人 海洋研究開発機構 地球環境観測研究センター
    海大陸観測研究計画 プロジェクトディレクター
    元 北海道大学低温科学研究所教授

エルニーニョとは何か。新しい海洋観測技術が異常気象の原因究明に貢献することでしょう。海表面、海中の温度、海流などを得るために各種のセンサーを世界の海に設置し、衛星を使ってデータを収集し、検討しているご本人です。


竹内謙介さん


赤道上の観測ブイ


海中計測Argoフロートと竹内さん(拡大)


ペルー沖の赤い部分がエルニーニョ(拡大)


講演3  地球温暖化と極域の気候変動
講師  本井達夫さん
    気象庁気象研究所 気候研究部 主任研究官
    元 海洋研究開発機構 地球フロンティア研究システム
    地球温暖化予測研究領域サブリーダー

地球温暖化は極域から始まっています。そして海面の上昇が起こっています。その状況をデータで示してくれました。


本井達夫さん


南極の棚氷がとけている


特に北極圏の温度上昇に注目(拡大)


100年後地球は約2度温暖化する(拡大)



懇親会


片桐よこすか市民会議会長


乾杯


横須賀市生涯学習センターのアトリウムのステンドグラス
時を越え 海を越え(部分、ステンドグラス作家 志田政人)
三浦按針(ウイリアム・アダムス)がイギリスから横須賀に至るまでの出来事を映像化しています


2004年11月1日