よこすか
市民会議
平成19年度
の活動
これまで
の活動
会員名簿
(募集)
お知らせ YCC
NetWork
更新情報
95-9619971998199920002001200220032004200520062007

親と子の海の自然学習会
海って何?
よこすか
海洋シンポジウム
森は海の恋人
1000年の森をつくる会
横須賀市民大学(後期)
海洋研究開発の最前線
魂の歌・感動の賛歌
YCCゴスペルクワイア
伝統文化学習鑑賞会

森は海の恋人(第7年度)
1000年の森をつくる会
(2007年下期のスケジュール)
竹の子掘り
竹林の披露
植樹祭
秋の植樹祭
芋煮会
岩戸中・植樹
忘年会
 

岩戸中学校敷地内の植樹

11月15日(木)の12時半に衣笠育苗園に集合、機材を準備して岩戸中学校に向かう。学校の北側の境界線の内側約100m2に約260本を植樹する。目的は将来防砂林となるよう常緑のタブとマテバシイを植える。強風のときにグランドで舞い上がった砂を防ぐためにネットと植木があるがこれを補強する。

植樹は岩戸中学校の3年生約100人が授業の一環として行いました。先生も参加。1000年の森をつくる会のメンバーは10班に分かれて作業の指示と指導をしました。


植樹場所から見た校舎、体育館、グランド


植樹場所に苗木、チップ、スコップなどを事前配備


校舎前で植樹の目的・意義を説明する学年担当の先生 (後方は先生、手前はスタッフ)


1000年の森を作る会を説明する諏訪リーダー


植樹作業の手順を説明する松林植林部会長


苗木を植える穴を掘る (直径・深さ約20cm)


ポットから苗木を取り出す


苗木を植えつける (深植えしないこと)


苗木の根元を軽く踏み固める


木材チップを根元に撒く


チップは乾燥防止と雑草除け


苗木の根元に水撒き


水撒きは苗木の定着を助ける


後片付け (竹の棒、ポット、道具類など)


タブとマテバシイの混植 (拡大)、根元に施肥


植樹記念 (1万本目の苗木名札)


植樹したグランド北端 (防砂用のネットと植木)

・・・次へ・・・


2007年12月1日