よこすか
市民会議
平成20年度
の活動
これまで
の活動
会員名簿
(募集)
お知らせ YCC
NetWork
更新情報
95-96199719981999200020012002200320042005200620072008

親と子の海の自然環境
学習会 海って何?
よこすか
海洋シンポジウム
森は海の恋人
1000年の森をつくる会
横須賀市民大学(後期)
海洋科学の最前線
魂の歌・感動の賛歌
YCCゴスペルクワイア
伝統文化学習鑑賞会

森は海の恋人(第8年度)
1000年の森をつくる会

(1000年の森2008年上期計画書) (育苗園潅水当番表 2008年4月〜8月)

大楠山ハイキング
 森は海の恋人運動
20周年行事に参加
ソレイユの丘 植樹祭
 
 
 
 
 

自然観察会「大楠山ハイキング」

4月29日(昭和の日)の9時30分に衣笠育苗園に集合して、衣笠山公園、衣笠城跡、大楠山へのハイキングに出発。参加者は1000年の森をつくる会のメンバー24名。

衣笠山公園は桜の名所だがシーズンが終わった後で人は少ない。展望台の所で小休止。衣笠城跡登山口へ下る。

衣笠城跡へはゼロからの登り直し、新緑とウグイスの鳴き声が元気をくれる。本丸跡(三浦一族の山城、鎌倉時代)で小休止。大善寺方面へ下りて大楠山への道(衣笠コース)に入る。

横浜横須賀道路沿いの林を歩き、道路を跨ぐ橋を渡って大楠山登山道に入る。まもなく先頭から大きな悲鳴。何か飲み込んだのか腹が膨らんだ蛇に遭遇していた。山道の日当たりの良い所にはタンポポがいたるところで咲き、日陰にはアヤメ科のシャガが目についた。

大楠山は標高242mで三浦半島の最高峰であることから電波塔が多く立っている。山頂で少し遅い昼食をして展望塔から360度のパノラマを眺望。あいにく春の霞で遠くまでの視界は望めず少し残念。帰りは阿部倉コースを通り、しょうぶ園近くに下って衣笠駅まで歩く。女性は喫茶店に、男性は駅前の中華料理店で生ビールと餃子で乾杯。汗を流した後の一杯は格別だった。


出発前に説明をする森林G 松林リーダー (9:35)


育苗園⇒衣笠山公園⇒衣笠城跡⇒大楠山⇒衣笠駅


衣笠山展望台 (日本桜名所100選、2,000本)


展望台からの眺望 (10:00)


三浦縦貫道路 衣笠城跡トンネル(267m,1999竣工)


トンネル脇の衣笠城跡登山口 (拡大) (10:23)


衣笠城跡頂上付近の案内図 (拡大) (10:43)


大善寺 (10:52) (木造 阿弥陀三尊像)


横浜横須賀道路 大畑橋から横浜方向 (11:18)


大きなヘビ


先頭は本日のガイド郷田さん、グループ 1 (拡大)、


自然に出来た グループ 2 (拡大)


グループ 3 (拡大)


グループ 4 (拡大)


シャガ (拡大) (タンポポ)


葉山國際カンツリー倶楽部 (12:05)


大楠山へあと 0.5Km (12:14)


お茶を買ったらお婆さんが「ありがとう」 (12:27)


展望塔と鯉のぼり


大楠山・標高242m (拡大) (13:32)


国土交通省大楠山レーダ雨量観測所


葉山國際カンツリー倶楽部 (左奥が湘南国際村)


遠くに相模湾、手前はNTT大楠無線送受信所 (送受信塔拡大)


しょうぶ園のふじ棚 (しょうぶ園) (14:26)


JR 衣笠駅 (15:30頃着、写真は生ビール飲食後16:07)


2008年6月1日